野山を歩く


耕雲寺・林道 と 荒井浜海岸




行程

新潟駅 南口ーR7−R113−荒井浜ー村上市ー耕雲寺・林道

........................................................

梅雨も末期の 7月中旬 緑深い景色の中 海岸沿いの 黒松が枯れ 茶色に変色

している姿が目に付き 痛々しい...  その原因が 何と アカシヤの大繁殖だったとは...!

そこで 薬剤散布をやり 黒松を弱めるアカシヤを 撲滅しようとするが 根っこが強い為に

止む無く 樹そのものに 傷をつけて枯れさせて 撲滅を図るとの 植物先生の お話に

これまた びっくり...!


荒井浜の松林の中で バスを降り 道路を横切り 海岸の砂浜を歩く... 海からの

強い潮風にも 耐え抜き 小さな花や 葉っぱの割に 地中深く伸びてる根っこ...

そして 飛砂防止植物が ほかの草花の 生育を助けてくれる...  古代 海から始まる

生命の息吹... 海藻類から始まった生命は やがて 進化して 植物化し 今 我々と

共生する... 不思議な自然界でもある...   日本海の砂浜を歩くこと自体 めったに無い

今日この頃である...


耕雲寺とは... 曹洞宗大本山 総持寺 真下の寺で 山門の仁王門を通り

奥の お御堂脇から 林道に入って行く...  石段を登って行くと そこには

何と 眼を瞠る大きさの モミノキの巨木が有り 圧倒される... 珍しい

クラマゴケ を 踏みながら 林道は 奥につづく...




林道での 草花と樹木

ウシタキソウ ・ハイトリソウ ・キツリフネソウ ・ムラサキニガナ ・タマブキ

ヤマユリ ・サルトリイバラ ・クモキリソウ ・ユズリハの実 ・タムシバの実

ヒヨドリバナ ・ノリウツギ ・ヌルデ ・コウゾの実 ・ヤブデマリの赤実

リョウブの花 ... などなど

海辺の砂浜での 草花

ナワシロイチゴ ・エビズルの白花 ・カワラヨモギ ・コウボウムギ ・フデクサ

ケカモノハシ ・横に広がるツルウメモドキ ・外来種のオニハマダイコン

ハマボウフ ・実のあるハマヒルガオ ・シロヨモギ ・ナミキソウ ・防風の

役目カワラグミ ・ハマニガナ ・ハマニンニク ・オカヒジキ ・ハマゴウ

ウンランの黄花 ... などなど

池や水辺周辺での 草花

ミクリ ・ドクゼリ ・ガマ ・ヒメガマ ・ウキヤガラ ・ハマナス ・スズメガヤ

メマツヨイグサ ・ミヤギノハギ ・ムクゲ ・ヤマアワ ・セイダカアワダチソウ

ネムノキ ... などなど



Photo Albumは こちら から...(現在中止中です)













旅の思い出・青森