色んな話



演劇鑑賞会    第349回   劇団民藝公演

アンネの日記





ハリウッドスターになりたかった...!  ジャーナリストになりたかった...!

恋もしたかった... !  やりたいことがいっぱいあった...!

そのどれも 叶えることが出来なかった...!

「アンネ・フランク 15歳」




アンネは 1929年6月12日 ドイツ・フランクフルトで生まれる... 34年にアムステルダムに転居 42年の夏

弾圧が厳しくなり 一家は会社の屋根裏部屋に隠れる... この年 誕生日のお祝いとして貰った日記帳に

6月20日から約2年間に渡り 日記は書き綴られた... 当初は自分自身への手紙の形で書かれた日記も

後から公開されてもいいように 手直しを入れている... しかし 44年8月 ついに一家はゲシュタポに見つ

かり アウシュビッツに送られている... その後 アンネとマルゴー姉妹は 衛生状態の最悪なベルゲンの

収容所に移送される... 45年の冬 姉妹はチフスのため相次いで死亡... 遺体は他の収容者と共に 死体

投棄穴に埋められているものと思われる...  この収容所は姉妹の死から一月余り後には 連合軍により

解放されている... 1945年4月12日のことである...。  
パンフレットより...


ものがたり





1942年夏 オランダに住むフランク一家は アムステルダムの とある屋根裏部屋に隠れる事になった

街では ナチスのユダヤ人狩りが猛威を振るっている...  昼間は声や足音も立てられず 水も使えず

食糧不足... 息を潜めた暮らし... しかも 友人一家や歯科医師とも同居 そんな中でも明るく のびのび

と 振舞う次女 アンネは しばしば母や同居人たちと衝突する... でも 少年ペーターとだけは心が通じ

合い ほのかな愛が芽生える... 連合軍がノルマンディーに上陸したニュース... 解放の日は近い...だが

2年前の夏 階下で無気味な電話が鳴り続け... 運命が変わる...。



キャスト

フランク  : 伊藤孝雄
フランク夫人 : 日色ともゑ
アンネフランク : 花村さやか
           藤田麻衣子
ファン・ダーン : 里居正美
ファン・ダーン夫人 : 奈良岡朋子
ペーター・ファン・ダーン : 神 敏将
                今泉 悠




上演時間
 (2時間35分・休憩含む)









演劇鑑賞会 キュリー夫人 は こちら から... new up

演劇鑑賞会 No341 ジョセフィンは こちら から...

演劇鑑賞会 No340 ミュージカル MIRACLE は こちら から...

演劇鑑賞会 No355 煙が目にしみる...は こちら から...












私の憩いの部屋




TOPに戻る