色んな話



「ひろの人生」 出版 高橋先生

ふるさとの お医者さん 有難うございました...!

「訃報」

2007/03 逝去... 99才...!
心よりご冥福をお祈り申し上げます...
2007/03/19



私のふるさとで 自分史を中心に ご近所さんや お友達を大切にしながら 2001/02で93歳と成られながら
 
「ひろの人生」と言う ご本を 出版された「高橋博先生」が
いらしゃいます...!  すごい...!






 序言での 歴史的偶然に遭遇した事の多い
 「ひろの人生」から始まり... 第1章ー32章と
 付録を加え 230頁からなる 色んな話が
 掲載されている...

 その中で 第30章 「思いつくまま」を拝見し
 あれ...!? 我々の事が 書かれているぞ...!と
 ビックリ...! S30年3月 卒業で とうに還暦
 も過ぎた 当時3年4組の面々のお話です

亀田中学校卒の男女 15人位の 或るクラス
 は 毎年 同窓会を開いている... それぞれの
 亭主 女房 了解のもとだ... 亀田町の或る
 レストランに集まり 一年間の悩みやストレス
 を 気持ち良く吐き出して 賑やかに話し合う
 そして 次の歳の エネルギーを蓄える...

 困った時には 互いに 好意を持って相談し合
 える仲間が十数人居ると言う事は 人生いか
 に心強いものか 安心して暮らせる事 計り
 知れない程である... その中の一人は 「ひろ
 の長女」だから... 楽しく見て居る...と...

私もまた その中の ポン友として 偶然 「ひろの人生」 を拝見し 感銘を受け

つたない Kumasan House で ご紹介させて頂く次第です...

高橋先生...!  どうぞ いつまでもご壮健で居られますように...

有難うございました...

今は亡き先生へ...! BGM : 別れmidi









ジョセフィン・ベイカー